2014年08月22日

古言散



心のせいに倚てる、双入海は、花の香りに鼻、刺動2心。両手を握って、両目で顔を見合わせ、真心あふれて気持ち、その間に溶けて。両眼に向かい合っている、
甘え容微红避けて吾視顕は恥ずかしくて赤くて、まるで熟果、非常に美しい。美しい絵に現、酔っは絵鏡。夕焼けに時は流れ、両手を握る、
名殘惜しい、足を伸ばして帰舎。
披星て帰る、入る舎内に燈がともる、未補地價 あまねく微光を照らし、拙宅。お色直しから炊ぐ、香りや、酒未到、入席に杯を飲んでて、相。
我が訴え軍事、明日出発。彼女闻吾言、独飲手酌、むさぼる飲数杯、吾をそのカップ。熱い涙が湧き出て、まるで瀑口、流れが急で、速く流頬。
涙を拭う手眼、手に入れ、その背中に触れ、生慰め。泣声ながら、両目は交差して、無半言・・・・・・
蛙によって、眠気を感じない。足を伸ばして窓に、窓を押して、明るい月光映る身、愁心頭拉菲。  


Posted by 翠花的闺房 at 17:17