2015年07月16日

风の歌を闻い泠泠雨雨

むしろ一寸の星寒いし、稔一筋の花の香り、送ったおもいうかべると思っております。马蹄声遥、清笛曲远だった。もたれる門眺望日没する方向で、君の姿が今はどこに…。

7月初め、小雨は轩はげしく庭木という快挙を達成した想います;花が咲き夏はこれからの移り香、清风載動かしわたり颜だったという。月日が経过いくつの个轮廻、村の入り口にあるをする蘼をまた敗を維持し、敗北したのは、早くから羽化成ラブラブだ。

今朝は長く、もっともその指行かふ、少ない君の姿を、私はまたどこへも過ごせる一世を同時にだった。一寸日暖、一尺月日、私の忧え悲しみと谁人ましますにすることもできないからさ。

风の歌を闻い泠泠雨雨、あなたも雨の懐かしさが闻こえます;花が咲き、観心、あなたも见える愛の缱绻だった。花の香りをする蘼、非常に私の耳元に、ライト诉えられたにもかかわらず、1試合を思っても風に詰まらが流れ、捕らえるの香りの届かない空しさ、あなたの帰り道もあのように得ることのできない蒹たら。

村の入り口にある細道が鳴り、どれだけ多くの妖獣を騒がせている;鳴鈴は漸寂、彼らは一度も留驻は间に合わない一霎尋ねのメッセージが、浅夏风、あなたのために连れてこの素笺載不动をしのんだ。

空の果ての全草、お気を覚えている。それは一日陌上花が咲き、あなたの约束し義理を揃えた。时间の巻き物では私があなたのために倾いて敗した韶光;歳月の背中のもとで、私はあなたの飲降って芳华だった。落花つづっ扮した村の入り口にある色の浅黒い、夜半の曲を思って長い化が開いたのは寒い雨の夜の一筋のかもしれなかった。落芳残存して乗り越えてきたいくつのとうしゅう春・夏、下ろす梅皮肉りながら、枝丫風のなくならわんこそば、春の色の浅黒い殷红移ろひにする蘼の移り香翻った行か里のやん浅く歌っている。

马蹄声踏崩した想いを氤氲空気中のよしみぼんやりして、花の香りが混じっている。

清笛曲を弾いて最善を尽くしたんと迷乱瞳里の日月情绵の様子をたずねて星の寒だった。  


Posted by 翠花的闺房 at 10:44靑春